2022.09.04

ドローン大学院「ドローン夏休み2022@仙台」を開催

In ドローン大学院

ドローン大学校修了生らで構成する”ドローンビジネス オンラインサロン”「ドローン大学院」のイベント「ドローン夏休み2022@仙台」を2022年9月2日(金)〜 4日(日)に予定通り開催しました。このイベントは「ドローンによる空中撮影」と「水中ドローンによる水中撮影」を体験していただくことを目標としたイベントで、東日本大震災の被災地のひとつである「日本三景 松島」のインバウンド向け観光PR動画を撮影し、被災地復興に貢献することを目指します。 2泊3日のカリキュラムを通して、デジタルカメラ・スマートフォン・360°カメラ・ドローンで撮影し、さらに撮影素材をiMovie (apple)で動画編集することにもチャレンジしました。合わせて水中ドローンによる津波被災地海底の撮影や、船上からのドローンの離着陸、熱気球への乗船と、乗船した熱気球のドローン撮影も経験しました。

Drone Graduate School “Drone Summer Vacation 2022@Sendai

Drone Graduate School, an online salon for drone business consisting of graduates of the Drone College, held the event “Drone Summer Vacation 2022@Sendai” from September 2 to 4, 2022, as scheduled. The event was held as scheduled from September 2 (Fri.) to 4 (Sun.), 2022. The goal of this event was to have participants experience “aerial photography by drone” and “underwater photography by underwater drone,” and to contribute to the reconstruction of Matsushima, one of the areas affected by the Great East Japan Earthquake, by shooting a PR video for inbound tourism to Matsushima, one of the three most scenic spots in Japan. Through the 3-day/2-night curriculum, the participants filmed with digital cameras, smart phones, 360° cameras, and drones, and also took on the challenge of editing the video using iMovie (apple). In addition, they also experienced underwater drone photography of the seafloor in the tsunami-affected areas, drone takeoff and landing from a ship, and boarding a hot-air balloon and taking drone photos of the hot-air balloon aboard.

2022.07.18

ドローン大学院が「ドローンビジネス”公的助成金・補助金”申請サポートセミナー」を開催

In ドローン大学院

ドローン大学校修了生らで構成するオンラインサロン「ドローン大学院」が、2022年7月18日(月•祝日)に福岡市博多区に於いて「ドローンビジネス”公的助成金・補助金”申請サポートセミナー」を開催しました。
ドローンスクールを修了して、ドローンビジネスを始める際に多くの方々が資金調達で悩まれています。その一方で政府は、i-Constructionを始めとしたドローン推進の動きを受けて、さまざまな助成金や優遇策が登場しています。その中にはドローンを用いた業務に対して助成金が交付されたりするケースもあります。今回のセミナーでは、ドローン大学校修了生であり、ドローン大学院生でもある「えんまん行政書士オフィス 代表行政書士 上妻直人(こうづま なおと)さん」に講師をお願いし、ドローンビジネスでどんな補助が得られるのかをご説明いただき、申請に必要な手続きや費用について詳細な解説をお願いしました。「助成金や補助金を申請したいがサッパリわからない!」という修了生約40名がオンライン、4名がリアルでご参加いただきました。

Drone Graduate School to Hold “Drone Business Public Grant/Subsidy Application Support Seminar

Drone Guraduate School, an online salon consisting of graduates of Drone University, held a “Drone Business ‘Public Grant/Subsidy’ Application Support Seminar” on July 18, 2022 (Monday – national holiday) in Hakata Ward, Fukuoka City. The “Drone Business “Public Grants and Subsidies” Application Support Seminar” was held on July 18, 2022. Many people who have completed drone school and are starting a drone business are having trouble raising funds. On the other hand, the government has introduced various subsidies and incentives in response to the i-Construction and other drone promotion initiatives. In some cases, subsidies are given for operations using drones. In this seminar, we asked Mr. Naoto Kozuma, a graduate of the Drone University and a graduate student of drone law, to give a lecture on what kind of assistance can be obtained for drone business, and to explain in detail the procedures and costs required for the application. He also explained in detail the procedures and costs required for application. About 40 students who wanted to apply for grants and subsidies but had no idea what to do! About 40 alumni participated online and 4 participated in person.

2022.07.01

JAPAN DRONE 2022視察ツアー・インフラ点検ドローン体験セミナー・ドローン大学校大同窓会 2022夏の動画を公開しました。

In ドローン大学院

ドローン大学校修了生で構成するコミュニティ「ドローン大学院」のイベントとして、2022年6月23日(金)〜24日(土)に開催した「JAPAN DRONE 2022視察ツアー・インフラ点検ドローン体験セミナー・ドローン大学校大同窓会 2022夏」の動画を公開しました。

JAPAN DRONE 2022 Inspection Tour, Infrastructure Inspection Drone Experience Seminar, and Drone University Alumni Association 2022 Summer Copper Coins are now available.

Copper coins from the JAPAN DRONE 2022 Inspection Tour, Infrastructure Inspection Drone Experience Seminar, and Drone University Alumni Association Summer 2022, held on June 23-24, 2022, as an event of the Drone Graduate School, a community comprised of Drone University graduates, are now available.

2022.06.24

「インフラ点検ドローン体験セミナー」を開催

In ドローン大学院

ドローンでの点検業務市場は2022年の719億円から、2027年には1,993億円と277倍に拡大すると予想されています。(引用:インプレス総合研究所「ドローンビジネス調査報告書2022」)しかしながら、ドローンでの点検業務に関する情報は少なく、実務として点検業務に関わる事業従事者から情報を得る機会が少ないのが現状です。そこで今回は、点検・測量ドローンの国産メーカーである株式会社Liberaware(リベラウェア)のご協力を得て、狭小空間専用の点検ドローン「IBIS」による足場設営や設備点検前の安全確保・冷却が必要なボイラー・煙突・タンク・焼却炉などの設備内部点検の業務内容をお伺いしたうえで、狭小空間専用の点検ドローン「IBIS」の操縦体験を行っていただきます。そして同社の「IBIS点検サービスプラン」によるパイロット派遣により点検業務への参加を検討するセミナーでした。先行投資の少ないドローンビジネスへの参画をお考えの修了生さんには大きなチャンスになりました。

Held “Infrastructure Inspection Drone Experience Seminar

The drone inspection market is expected to expand 277-fold from 71.9 billion yen in 2022 to 199.3 billion yen in 2027. (Reference: “Drone Business Research Report 2022,” Impress Research Institute) However, information on drone inspection work is scarce, and there are few opportunities to obtain information from business people involved in inspection work as a practical matter. a Japanese manufacturer of inspection and surveying drones, we have obtained the cooperation of Liberaware Corporation, a manufacturer of inspection and surveying drones, to conduct an inspection of boilers, chimneys, tanks, and incinerators that require safety and cooling before scaffolding and facility inspection using IBIS, an inspection drone specially designed for narrow spaces. After hearing about the contents of the inspection of the inside of facilities such as boilers, chimneys, tanks, incinerators, etc., which require safety assurance and cooling before equipment inspection, participants will experience piloting the IBIS inspection drone, which is specially designed for narrow spaces. The seminar was to consider participation in inspection work by dispatching pilots under the company’s “IBIS Inspection Service Plan. This was a great opportunity for graduates who are considering participating in the drone business, which requires little upfront investment.

2022.05.22

ドローン大学院「ドローン3Dモデリング・ドローン360°動画撮影Camp@マウンテンサイド白馬」を予定通り開催

In ドローン大学院

ドローン大学校修了生らで構成する”ドローンビジネス オンラインサロン”「ドローン大学院」のイベント「ドローン3Dモデリング・ドローン360°動画撮影Camp@マウンテンサイド白馬」を5月21日(土)〜 22日(日)に予定通り開催しました。ドローン大学院ではこれまでドローンでの写真測量セミナーを複数回開催し、ドローンで撮影した画像から点群・地表面モデル・オルソモザイクなどを作成するカリキュラムを進めて来ましたが「モデリングに関するセミナーをやって欲しい」という声が多く、また前回参加できなかった方や、最近ご入校された院生からリクエストが多数あったので「Pix4D mapper」を使った3Dモデリングのノウハウを学べる講習を今年も開催することとなりました。今回は起伏豊かな長野県白馬村で開催し、またVRゴーグルでの視聴を前提とした360°動画をドローンに搭載した360°カメラで撮影したいというご要望にもご対応しました。

Drone Graduate School “Drone 3D Modeling and Drone 360°Video Shooting Camp at Mountainside Hakuba” was held as scheduled.

Drone 3D Modeling and Drone 360° Video Shooting Camp @ Mountainside Hakuba” was held as scheduled on May 21 (Sat.) and 22 (Sun.) by the “Drone Graduate School,” an online salon for drone business consisting of graduates of the Drone University. The Drone Graduate School has held several seminars on photogrammetry using drones, and has been promoting a curriculum to create point clouds, ground surface models, orthomosaics, etc. from images taken by drones. However, we have received many requests for a seminar on modeling, and many of those who were not able to participate in the previous seminar and recently enrolled graduate students have requested a seminar on modeling, so we have decided to hold another seminar this year to teach 3D modeling know-how using “Pix4D mapper. This year’s seminar was held in Hakuba Village in Nagano Prefecture, which is rich in rugged terrain, and we also responded to requests to shoot 360° videos with a 360° camera mounted on a drone, which are intended to be viewed with VR goggles.


2022.03.19

ドローン大学院が「メタバースセミナー@東京」を開催

In ドローン大学院

ドローン大学校 修了生126名で構成するオンラインサロン”ドローン大学院”が「メタバースセミナー@東京」を開催しました。

2021年11月24日の夜に米国Facebook社が社名をMetaに変更した後、世界中にメタバースへの関心が急速に高まっています。そんなメタバース経済の潜在的な規模を示す兆候が早くも現れているなかで、メタバース(AR・VR)とシナジーのあるドローンを今後どの様に生かしていくべきか?を模索するためにメタバース・AR・VRを基礎から学ぶセミナーを開催しました。

・メタバースとは何か? ・メタバース分野のビジネスやサービスのご紹介 ・NFTとは何か? ・Oculus Quest 2(オキュラス クエスト 2)によるhorizon work rooms、clusterなどのアプリケーションによるVR体験

などの内容に加え、東京・名古屋・大阪・広島・博多から集まった院生による懇親会では、ドローンビジネスとして伸長するメタバース(AR・VR)分野への参入方法についての議論が深夜まで続きました。

Drone Graduate School Hosts “Metaverse Seminar @ Tokyo

Drone Graduate School, an online salon consisting of 126 graduates of Drone College, held a “Metaverse Seminar @ Tokyo”.

After Facebook, Inc. changed its name to Meta on the night of November 24, 2021, interest in the Metaverse is rapidly growing around the world. With signs of the potential scale of the metaverse economy already emerging, how should drones, which have synergy with the metaverse (AR and VR), be utilized in the future? The seminar was held to learn the basics of metaverse, AR, and VR in order to explore the

・What is the metaverse?
・Introduction of business and services in the metaverse field
・What is NFT?
・Experience VR with applications such as horizon work rooms and cluster by Oculus Quest 2

In addition to the above, a reception by graduate students from Tokyo, Nagoya, Osaka, Hiroshima, and Hakata was held to discuss the growing metaverse (AR and VR) as a drone business. Discussions on how to enter the field continued late into the night.

2022.02.27

ドローン大学院が「座学で学ぶ空中散布@東京」を開催

In ドローン大学院

ドローン大学校の修了生で構成するオンライサロン「ドローン大学院」が座学で学ぶ空中散布@東京を開催しました。ドローンを使った空中(農薬)散布の基礎知識と手続きの流れを座学で学んでいただくセミナーで、空中(農薬)散布には興味があるけど、いきなり高額なセミナーや民間資格取得講座に行くのは躊躇してしまう・・・ と、いうビギナー(初心者)に向けた空中(農薬)散布セミナーでした。このセミナーを受講いただくことで今後、空中(農薬)散布をやるか?やらないか?をご判断いただけることでしょう。

Drone Graduate School, an online salon consisting of graduates of the Drone College, held a classroom-based aerial spraying @ Tokyo.

The “Drone Graduate School,” an online salon consisting of graduates of the Drone College, held a classroom-based aerial spraying @ Tokyo. The seminar was designed for those who are interested in aerial (pesticide) spraying using drones, but are hesitant to go to expensive seminars or private certification courses. The seminar was designed for beginners in aerial (pesticide) spraying. This seminar was designed for beginners who are interested in aerial (pesticide) spraying. To do or not to do? We are sure that you will be able to make the right decision.

 

 

2022.02.23

ドローン大学院が「電動キックボード(M04)ディストリビュータースタッフ養成カリキュラム」を開催

In ドローン大学院

ドローン大学校の修了生で構成するオンライサロン「ドローン大学院」が電動キックボード(M04)ディストリビュータースタッフ養成カリキュラムを開催しました。レーシングカーなどの製作をおこなうフヂイエンヂ二アリングが開発中の次世代パーソナルモビリティ「電動キックボード(M04)」のディストリビューターとして、ドライビングスクールの運営、車体の販売・メンテナンスを行える人材を育成するための2日間プログラムで、2日間プログラムを通して、ドライビングスクール講師、販売のためのアドバイザー、メンテナンスを行うエンジニアを養成します。このカリキュラムを受講した方に、今後は電動キックボード(M04)ディストリビューターとして活動していただきます。

Drone Graduate School, an online salon consisting of graduates of the Drone College, holds an electric kickboard (M04) distributor staff training curriculum.

The “Drone Graduate School,” an online salon consisting of graduates of the Drone College, held an electric kickboard (M04) distributor staff training curriculum. The two-part training course was designed to develop human resources who can operate driving schools, sell and maintain the electric kickboard (M04), a next-generation personal mobility vehicle being developed by Fujii Engineering, a manufacturer of racing cars and other products. The two-day program trains driving school instructors, advisors for sales, and engineers for maintenance through the two-day program. Those who have taken this curriculum will be asked to work as electric kickboard (M04) distributors in the future.

 

 

2021.12.24

ドローン大学校&ドローン大学院クリパ2021「サウナ大学校」開催

In ドローン大学院

埼玉県飯能市に位置する「Nolla naguri (ノーラ名栗)」にてフィンランド式のアウトドアサウナやグランピング、北欧風のBBQを楽しみ、交流を深めたドローン大学校&ドローン大学院クリパ2021「サウナ大学校」を2021年12月23〜24日に開催しました。参加された皆さんは2021年の活動報告と来るべき2022年の抱負を語り合いました。

Drone College & Drone Graduate School Christmas Party 2021 “Sauna College

Drone College & Drone Graduate School Christmas Party 2021 “Sauna College” was held on December 23-24, 2021 at “Nolla naguri” in Hanno City, Saitama Prefecture, where participants enjoyed Finnish-style outdoor sauna, glamping, and Scandinavian-style BBQ, and deepened exchanges. The event was held on December 23-24, 2021. The participants reported on their activities in 2021 and discussed their aspirations for the upcoming year 2022.

2021.12.19

UAS First Aid Crew民間資格講習会@大阪

In ドローン大学院

2015年12月の航空法改正以降、ドローン(UAS)の商業利用は拡大を続け、2022年12月からは有人地帯(第三者上空)での目視外飛行(補助者の配置なし)レベル4を実現するため「操縦ライセンスの国家資格化」を含む航空法改正が行われ、飛躍的にドローン(UAS)の商業利用が拡大し続けることが予想されます。その一方で、運航現場に於ける事故のリスクも高まります。熱中症、プロペラによる切傷、捻挫等想定されるリスクをマネージメントするためにファーストエイド(応急処置)に対応できるクルーを育成する目的で「UAS First Aid Crew」という民間資格
*の創設と、その資格取得のための講習会をドローン大学校大阪キャンパスにて開講しました。

UAS First Aid Crew Civilian Certification Seminar at Osaka

Since the revision of the Civil Aeronautics Law in December 2015, the commercial use of drones (UAS) has continued to expand, and from December 2022, the Civil Aeronautics Law will be revised to include “national qualification for pilot licenses” in order to achieve Level 4 unseen flights (without an assistant) in manned zones (over third parties). It is expected that the commercial use of drones (UAS) will continue to expand dramatically. On the other hand, the risk of accidents in the field of operation is also increasing. In order to train crew members who can provide first aid to manage possible risks such as heat stroke, cuts caused by propellers, sprains, etc., we have established a private certification* called “UAS First Aid Crew” and held a training course for acquiring this certification at the Drone University Osaka Campus. The course was held at Drone University Osaka Campus.

×
新型コロナウイルス感染症の予防を巡り、政府や自治体が繰り返し呼び掛けている三つの「密」(密閉・密集・密接)を避けるため、本セミナーは、密閉されていない場所にて、原則1名(最大3名)の受講者さまに限定して、開講しております。さらに以下の徹底をお願いしております。
過去2週間以内に海外渡航歴がある方は「マンガでわかるドローン」セミナーおよび学校説明会へのご参加をお断りさせて頂きます。
過去2週間以内に37.5度以上の発熱があった方は「マンガでわかるドローン」セミナーおよび学校説明会へのご参加をお断りさせて頂きます。
「マンガでわかるドローン」セミナーおよび学校説明会にご参加の際には「マスクの着用」と「手指の消毒」を必須とさせていただきます。