2023.01.09

無人航空機操縦士国家試験対策合宿@千葉(第2弾直前編)を開催しました。

In ドローン大学院

2023年1月10日(月)からスタートした無人航空機操縦者国家試験学科試験出願受付直前に、ドローン大学校修了生に向けて、学科11時間・実技10時間 2日間の集中合宿を1泊2日で 千葉県長生郡にて開催しました。今回は2022年10月8日(土)〜 9日(日)の愛知県豊田合宿では行わなかった机上試験や口頭試験の模擬試験対策も行いました。愛知県豊田合宿同様、受講生全員が一等無人航空機操縦者国家試験に合格すること目指し、翌日より開始された一等無人航空機操縦者国家試験出願受付にエントリーし、受験の結果、大勢の方が合格されました。

Unmanned Aircraft Pilot National Examination Preparation Camp @ Chiba (Second Last Minute Session)

Just prior to the acceptance of applications for the Unmanned Aircraft Pilot National Examination, which started on January 10, 2023 (Monday), we held a two-day and one-night intensive training camp for graduates of the Drone University in Chosei-gun, Chiba Prefecture, for 11 hours in the subject and 10 hours in the practical test. This time, we also prepared for the desk exam and oral exam, which were not held at the training camp in Toyota, Aichi Prefecture on October 8 (Sat.) – 9 (Sun.), 2022. As in the Toyota camp in Aichi Prefecture, all participants entered the application for the national examination for Unmanned Aircraft Pilot First Class, which started the next day, with the aim of passing the exam, and many of them passed.


2022.12.07

JAPAN DRONE 2022 IN HAKATA視察ツアー&ドローン大学校&ドローン大学院クリパ2022

In ドローン大学院In 広島キャンパス

日本最大ドローン専門展示会&コンファレンスJAPAN DRONE 2022が初めて地方開催することになり、ドローン大学校&ドローン大学院が出展しました。地方都市開催により地域に根ざした商用ドローンの活用やADVANCED AIR MOBILITY産業界への情報提供の場を設けることで、地域のドローン産業発展だけではなく、地方創生・地元地域の活性化にも寄与できるマッチングコミュニケーションの場となりました。

また、そのJAPAN DRONE 2022 IN HAKATA視察ツアー当日の12月6日(火)夜にドローン大学校とドローン大学院が合同でクリパ(クリスマスパーティ)2022を博多中洲でで開催し、東京・名古屋・大阪・広島・博多のドローン大学校各キャンパスの修了生が集い賑やかに2022年を締め括りました。

 

JAPAN DRONE 2022 IN HAKATA Inspection Tour & Drone University & Drone Graduate School CLIPA 2022

Japan Drone 2022, the largest drone exhibition and conference in Japan, will be held in a regional city for the first time, and Drone University & Drone Graduate School exhibited at the event. By providing a place to provide information to the ADVANCED AIR MOBILITY industry and the use of commercial drones rooted in the region by holding it in a regional city, it became a place for matching communication that can contribute not only to the development of the local drone industry, but also to regional development and revitalization of the local community. On the evening of Tuesday, December 6, the day of the JAPAN DRONE 2022 IN HAKATA inspection tour, Drone University and Drone Graduate School jointly held a Christmas party in Nakasu, Hakata, where graduates from Drone University campuses in Tokyo, Nagoya, Osaka, Hiroshima, and Hakata gathered to celebrate the year 2022. The party was a lively way to wrap up the year of 2022.



2022.11.29

航空機ミュージアム&格納庫見学ツアー(ANA編)

In ドローン大学院

コロナ感染拡大で延期が続いていたエアラインの航空機ミュージアム&格納庫見学ツアーが2年2か月振り再開しました。それを受けてドローン大学院でも航空機ミュージアム&格納庫見学ツアーを開催しました。近距離から見る機会の少ない大型ジェット旅客機を間近で見る迫力に参加者さんは驚かれていました。

Aircraft Museum & Hangar Tour (ANA)

The Airlines Aircraft Museum & Hangar Tour, which had been postponed due to the spread of corona infection, has resumed after 2 years and 2 months. The Drone School also held an aircraft museum & hangar tour in response to this. The tour was a great opportunity for the participants to see a large jet airliner from a close distance, which is rarely seen.


2022.10.09

【ドローン大学校修了生限定】無人航空機操縦士国家試験対策合宿を開講

In ドローン大学院

いよいよ2023年1月から無人航空機操縦士国家資格制度がスタートすることが決定し、ドローン大学校修了生限定で、学科11時間・実技10時間 2日間の集中合宿を1泊2日愛知県豊田市丘にて開催しました。この合宿の受講生全員が、2023年1月の第一回 無人航空機操縦士国家試験に合格すること目指しました。

[Drone College Graduates Only] Unmanned Aerial Vehicle Pilot National Examination Preparation Camp to Be Held

The National Qualification System for Unmanned Aircraft Pilots will finally begin in January 2023, and we held a 2-day and 1-night intensive training camp for Drone College graduates only, where they will study 11 hours of subjects and practice 10 hours of practical skills. The goal was for all participants in the camp to pass the first national unmanned aircraft pilot examination in January 2023.

 

【 参加者の感想 】

・2日間、ありがとうございました。そして、同じ実技のチームになった◯◯さん、◯◯さん、◯◯さん。色々、お世話になりました。やらないといけない課題も見えて、勉強になりました。まずは、学科合格を目指して頑張ります。

・二日間お疲れさまでした。ドローン大学校の皆様、大学院、修了生の皆様大変お世話になりました。改めて課題もハッキリして新しいチャレンジに向けて頑張ります。

・皆様お疲れ様でした。講師陣の皆様、ありがとうございました。充実した2日間でした。テスト対策の内容も大変良かったです。皆様も帰り道ごあんぜんに。

・企画していただいた理事長はじめ講師の皆様、問題を作成していただいた修了生の皆様、この度はありがとうございました!内容の濃い2日間でした。もし参加できてなかったらと思うとゾッとします. すぐにでも受験したい気分ですが、来年一発で一等に受かるようこれからしっかり準備(特に学科)していきます!

・講師陣の皆様、準備を含め大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。また一緒に勉強させていただいた皆様、互いに刺激を共有し合う事ができました。ありがとうございました。やはりこのように刺激を受ける事はつくづく大切な事だと思いました。それと同時にダメダメな自分がそこにいて、やらなければならない事が全て浮き彫りになった充実の2日間でした。実際の受験が今から楽しみになってきました。頑張ります。

・名倉理事長、西田学長、ドロ大スタッフ、今合宿を支援された皆様、ほんとにお疲れ様でした。また、合宿に参加された方々へも、私にいろいろな気づきを頂けたこと、感謝致します!こんな下世話な表現で申し訳ありませんが、今回の合宿は、ドローンコンプラ面で、お金の匂いがプンプンする合宿でした!実際、自分としては、一等無人航空機操縦士の資格取得しか目には入っていませんでしたが、この合宿に参加することで、法改正による変化を広い視野で得ることができました。教則の中は、新たなビジネスチャンスの宝庫ですね!!新たなビジネスチャンスが転がってると思えば、教則の一字一句読むことが、楽しくなりそうです♪

・理事長、講師陣の方、スタッフの方、二日間お世話になりました。今回、このような機会を設けていただき、ありがとうございました。大変な試験だと思いますが、ダメだと思ったらそこで終わってしまうので、今回受講してみてダメだった点をリストアップしてこれから改善対処していきたいと思います。まずは試験の受験申し込みを忘れずに行います。

・理事長はじめ、講師陣、スタッフの皆様、大変お世話になりました。昨日のみで遅れての参加となってしまいましたが、遅れてきた私にスタッフ、実技グループの皆さんの温かい応対でスムーズに参加することができ、とても有り難かったです。少ない時間でも本当に濃い時間、そして改めて人との繋がりの大切さやこれからのモチベーションを高める良い機会となりました。宝くじも買わなければ当たりません。理事長曰く、試験もまずは申し込むこと、そして少しでも合格に向けて努力をすることはやっていきたいと思いました。ここでしか知り合えなかったこの繋がりを今後も大切にしたいと思います。ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします!

・二日間、大変お世話になりました。有意義な時間を過ごす事ができたと思います。一等取得を目指して頑張ります。

・理事長はじめスタッフの皆様、参加された皆様、二日間お世話になりました。少し疲れましたが、充実した内容で達成感を感じたイベントでした。今回の反省点をいくつか挙げてみました。
・「無人航空機の飛行の安全に関する教則」の読み込みが浅かったこと
・バッテリーの充電器を忘れたこと
・目視外飛行時のカメラ操作がおぼつかなかったこと
・初日の恵子理事が大変そうだったので、もう少しお手伝い出来ればと思ったのですが良かった点も少々。。。
・ドローン大学校学科終了検定は合格だったこと
・杉山さんに写真を撮ってもらえたこと
以上の経験や反省点を踏まえて、試験合格に向けて努力を重ねたいと思います。ありがとうございました。

・理事長はじめスタッフの皆様、参加された皆様、二日間お世話になりました。会場の準備から、宿泊や食事の手配、加えて、模擬試験問題の作成は大変だったと思います。感謝申し上げます。おかげさまで、合宿に来るときは不安でしたが、 帰るときは希望に変わりました。1級合格を目指し、そのための準備を試験日まで継続して行うことが、大切なことだと感じました。ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」ではないですが「思考が先、現実はあと!」の精神で、合格したつもりになって日々、知識の確認や実地試験の練習に励んで行こうと思います。そして、合格した暁には、日本中(目標は47都道府県)の素敵な風景を旅をしながら空撮したいです。ありがとうございました。

・理事長をはじめスタッフの方々、会場準備、食事や模擬試験を作成して頂いた修了生の方々、2日間、ありがとうございました。そして、学科の際、隣で気さくに話しかけて頂いた平岡さん、また同じ実技のチームになった◯◯さん、◯◯さん、◯◯さん、◯◯さん。うまく飛ばせない時に励ましや改善点等の指摘ありがとうございました。おかげで実地試験対策として克服すべき課題も見えて、勉強になりました。まずは、学科合格を目指して、頑張ります。問題点ではないのですが、到着時に恵子理事が1人で大変そうだったのですが、何も手伝えなくて申すわけなかったです。

・中身の濃い2日間でした。セミナー運営に携わられたすべての皆様に感謝いたします。ドロ大のセミナーでは、毎回参加者のみなさんのモチベーションの高さや積極的な姿勢に大いに刺激を受けています。これだけのカリキュラムを、最後までキラキラした眼で受けられている皆さんの姿を見るだけですごい元気を頂いた気持ちになります。これからもそんな皆さんに後れを取らないよう頑張っていきたいと思います。しかし、実技もさることながら口述もなかなか大変そうですね・・・学科や机上は考える時間がありそうですが、口述では緊張して意外とど忘れしそうです。(@_@)それから、帰りに駅まで送っていただいた◯◯さんありがとうございました。m(__)m

・理事長や学長をはじめスタッフの皆様、尽力していただき誠にありがとうございました。今回の講習で、免許に関して学科実技共に、具体的に課題が見えてまいりました、頑張ります!また、問題を作成していただいたドロ大修了生の皆様、ありがとうございました。不甲斐ない成績ですみません。教則を読み直し、テストに再チャレンジいたします!座学と実技を共にした、参加者の皆様お疲れ様でした。また試験場、ドロ大や大学院のイベント等でお会いしましょう。そして来年は皆で免許証持って◯◯さんに記念写真撮ってもらいましょう!

・理事長、学長はじめドロ大スタッフの皆様、沢山のご尽力をいただき誠にありがとうございました!!今回、撮影に全力を使いすぎて、運航管理知識がまったく欠如していましたので、これから12月まで呼び起こし、知識・操縦技術を磨きます!!そして、一等取得者兼フォトグラファーになります。

・企画頂いた理事長はじめ、講師陣の皆さん、またご一緒させていただいた皆さん、本当にありがとうございました。実技も学科も、苦手なポイントに気付けたことが大きな成果でした。特に高度3.5mでの奥行き感にはなかなか慣れませんでした。とはいえ、範囲は決まっていますので、教則と実地試験細則の読み込みをまずはしっかりやっていこうと思います。実技は、東京近郊でみんなで集まって練習の機会を作りたいですね。私も、皆さんと一緒に頑張ります。

2022.09.04

ドローン大学院「ドローン夏休み2022@仙台」を開催

In ドローン大学院

ドローン大学校修了生らで構成する”ドローンビジネス オンラインサロン”「ドローン大学院」のイベント「ドローン夏休み2022@仙台」を2022年9月2日(金)〜 4日(日)に予定通り開催しました。このイベントは「ドローンによる空中撮影」と「水中ドローンによる水中撮影」を体験していただくことを目標としたイベントで、東日本大震災の被災地のひとつである「日本三景 松島」のインバウンド向け観光PR動画を撮影し、被災地復興に貢献することを目指します。 2泊3日のカリキュラムを通して、デジタルカメラ・スマートフォン・360°カメラ・ドローンで撮影し、さらに撮影素材をiMovie (apple)で動画編集することにもチャレンジしました。合わせて水中ドローンによる津波被災地海底の撮影や、船上からのドローンの離着陸、熱気球への乗船と、乗船した熱気球のドローン撮影も経験しました。

Drone Graduate School “Drone Summer Vacation 2022@Sendai

Drone Graduate School, an online salon for drone business consisting of graduates of the Drone College, held the event “Drone Summer Vacation 2022@Sendai” from September 2 to 4, 2022, as scheduled. The event was held as scheduled from September 2 (Fri.) to 4 (Sun.), 2022. The goal of this event was to have participants experience “aerial photography by drone” and “underwater photography by underwater drone,” and to contribute to the reconstruction of Matsushima, one of the areas affected by the Great East Japan Earthquake, by shooting a PR video for inbound tourism to Matsushima, one of the three most scenic spots in Japan. Through the 3-day/2-night curriculum, the participants filmed with digital cameras, smart phones, 360° cameras, and drones, and also took on the challenge of editing the video using iMovie (apple). In addition, they also experienced underwater drone photography of the seafloor in the tsunami-affected areas, drone takeoff and landing from a ship, and boarding a hot-air balloon and taking drone photos of the hot-air balloon aboard.

2022.07.18

ドローン大学院が「ドローンビジネス”公的助成金・補助金”申請サポートセミナー」を開催

In ドローン大学院

ドローン大学校修了生らで構成するオンラインサロン「ドローン大学院」が、2022年7月18日(月•祝日)に福岡市博多区に於いて「ドローンビジネス”公的助成金・補助金”申請サポートセミナー」を開催しました。
ドローンスクールを修了して、ドローンビジネスを始める際に多くの方々が資金調達で悩まれています。その一方で政府は、i-Constructionを始めとしたドローン推進の動きを受けて、さまざまな助成金や優遇策が登場しています。その中にはドローンを用いた業務に対して助成金が交付されたりするケースもあります。今回のセミナーでは、ドローン大学校修了生であり、ドローン大学院生でもある「えんまん行政書士オフィス 代表行政書士 上妻直人(こうづま なおと)さん」に講師をお願いし、ドローンビジネスでどんな補助が得られるのかをご説明いただき、申請に必要な手続きや費用について詳細な解説をお願いしました。「助成金や補助金を申請したいがサッパリわからない!」という修了生約40名がオンライン、4名がリアルでご参加いただきました。

Drone Graduate School to Hold “Drone Business Public Grant/Subsidy Application Support Seminar

Drone Guraduate School, an online salon consisting of graduates of Drone University, held a “Drone Business ‘Public Grant/Subsidy’ Application Support Seminar” on July 18, 2022 (Monday – national holiday) in Hakata Ward, Fukuoka City. The “Drone Business “Public Grants and Subsidies” Application Support Seminar” was held on July 18, 2022. Many people who have completed drone school and are starting a drone business are having trouble raising funds. On the other hand, the government has introduced various subsidies and incentives in response to the i-Construction and other drone promotion initiatives. In some cases, subsidies are given for operations using drones. In this seminar, we asked Mr. Naoto Kozuma, a graduate of the Drone University and a graduate student of drone law, to give a lecture on what kind of assistance can be obtained for drone business, and to explain in detail the procedures and costs required for the application. He also explained in detail the procedures and costs required for application. About 40 students who wanted to apply for grants and subsidies but had no idea what to do! About 40 alumni participated online and 4 participated in person.

2022.07.01

JAPAN DRONE 2022視察ツアー・インフラ点検ドローン体験セミナー・ドローン大学校大同窓会 2022夏の動画を公開しました。

In ドローン大学院

ドローン大学校修了生で構成するコミュニティ「ドローン大学院」のイベントとして、2022年6月23日(金)〜24日(土)に開催した「JAPAN DRONE 2022視察ツアー・インフラ点検ドローン体験セミナー・ドローン大学校大同窓会 2022夏」の動画を公開しました。

JAPAN DRONE 2022 Inspection Tour, Infrastructure Inspection Drone Experience Seminar, and Drone University Alumni Association 2022 Summer Copper Coins are now available.

Copper coins from the JAPAN DRONE 2022 Inspection Tour, Infrastructure Inspection Drone Experience Seminar, and Drone University Alumni Association Summer 2022, held on June 23-24, 2022, as an event of the Drone Graduate School, a community comprised of Drone University graduates, are now available.

2022.06.24

「インフラ点検ドローン体験セミナー」を開催

In ドローン大学院

ドローンでの点検業務市場は2022年の719億円から、2027年には1,993億円と277倍に拡大すると予想されています。(引用:インプレス総合研究所「ドローンビジネス調査報告書2022」)しかしながら、ドローンでの点検業務に関する情報は少なく、実務として点検業務に関わる事業従事者から情報を得る機会が少ないのが現状です。そこで今回は、点検・測量ドローンの国産メーカーである株式会社Liberaware(リベラウェア)のご協力を得て、狭小空間専用の点検ドローン「IBIS」による足場設営や設備点検前の安全確保・冷却が必要なボイラー・煙突・タンク・焼却炉などの設備内部点検の業務内容をお伺いしたうえで、狭小空間専用の点検ドローン「IBIS」の操縦体験を行っていただきます。そして同社の「IBIS点検サービスプラン」によるパイロット派遣により点検業務への参加を検討するセミナーでした。先行投資の少ないドローンビジネスへの参画をお考えの修了生さんには大きなチャンスになりました。

Held “Infrastructure Inspection Drone Experience Seminar

The drone inspection market is expected to expand 277-fold from 71.9 billion yen in 2022 to 199.3 billion yen in 2027. (Reference: “Drone Business Research Report 2022,” Impress Research Institute) However, information on drone inspection work is scarce, and there are few opportunities to obtain information from business people involved in inspection work as a practical matter. a Japanese manufacturer of inspection and surveying drones, we have obtained the cooperation of Liberaware Corporation, a manufacturer of inspection and surveying drones, to conduct an inspection of boilers, chimneys, tanks, and incinerators that require safety and cooling before scaffolding and facility inspection using IBIS, an inspection drone specially designed for narrow spaces. After hearing about the contents of the inspection of the inside of facilities such as boilers, chimneys, tanks, incinerators, etc., which require safety assurance and cooling before equipment inspection, participants will experience piloting the IBIS inspection drone, which is specially designed for narrow spaces. The seminar was to consider participation in inspection work by dispatching pilots under the company’s “IBIS Inspection Service Plan. This was a great opportunity for graduates who are considering participating in the drone business, which requires little upfront investment.

2022.05.22

ドローン大学院「ドローン3Dモデリング・ドローン360°動画撮影Camp@マウンテンサイド白馬」を予定通り開催

In ドローン大学院

ドローン大学校修了生らで構成する”ドローンビジネス オンラインサロン”「ドローン大学院」のイベント「ドローン3Dモデリング・ドローン360°動画撮影Camp@マウンテンサイド白馬」を5月21日(土)〜 22日(日)に予定通り開催しました。ドローン大学院ではこれまでドローンでの写真測量セミナーを複数回開催し、ドローンで撮影した画像から点群・地表面モデル・オルソモザイクなどを作成するカリキュラムを進めて来ましたが「モデリングに関するセミナーをやって欲しい」という声が多く、また前回参加できなかった方や、最近ご入校された院生からリクエストが多数あったので「Pix4D mapper」を使った3Dモデリングのノウハウを学べる講習を今年も開催することとなりました。今回は起伏豊かな長野県白馬村で開催し、またVRゴーグルでの視聴を前提とした360°動画をドローンに搭載した360°カメラで撮影したいというご要望にもご対応しました。

Drone Graduate School “Drone 3D Modeling and Drone 360°Video Shooting Camp at Mountainside Hakuba” was held as scheduled.

Drone 3D Modeling and Drone 360° Video Shooting Camp @ Mountainside Hakuba” was held as scheduled on May 21 (Sat.) and 22 (Sun.) by the “Drone Graduate School,” an online salon for drone business consisting of graduates of the Drone University. The Drone Graduate School has held several seminars on photogrammetry using drones, and has been promoting a curriculum to create point clouds, ground surface models, orthomosaics, etc. from images taken by drones. However, we have received many requests for a seminar on modeling, and many of those who were not able to participate in the previous seminar and recently enrolled graduate students have requested a seminar on modeling, so we have decided to hold another seminar this year to teach 3D modeling know-how using “Pix4D mapper. This year’s seminar was held in Hakuba Village in Nagano Prefecture, which is rich in rugged terrain, and we also responded to requests to shoot 360° videos with a 360° camera mounted on a drone, which are intended to be viewed with VR goggles.


2022.03.19

ドローン大学院が「メタバースセミナー@東京」を開催

In ドローン大学院

ドローン大学校 修了生126名で構成するオンラインサロン”ドローン大学院”が「メタバースセミナー@東京」を開催しました。

2021年11月24日の夜に米国Facebook社が社名をMetaに変更した後、世界中にメタバースへの関心が急速に高まっています。そんなメタバース経済の潜在的な規模を示す兆候が早くも現れているなかで、メタバース(AR・VR)とシナジーのあるドローンを今後どの様に生かしていくべきか?を模索するためにメタバース・AR・VRを基礎から学ぶセミナーを開催しました。

・メタバースとは何か? ・メタバース分野のビジネスやサービスのご紹介 ・NFTとは何か? ・Oculus Quest 2(オキュラス クエスト 2)によるhorizon work rooms、clusterなどのアプリケーションによるVR体験

などの内容に加え、東京・名古屋・大阪・広島・博多から集まった院生による懇親会では、ドローンビジネスとして伸長するメタバース(AR・VR)分野への参入方法についての議論が深夜まで続きました。

Drone Graduate School Hosts “Metaverse Seminar @ Tokyo

Drone Graduate School, an online salon consisting of 126 graduates of Drone College, held a “Metaverse Seminar @ Tokyo”.

After Facebook, Inc. changed its name to Meta on the night of November 24, 2021, interest in the Metaverse is rapidly growing around the world. With signs of the potential scale of the metaverse economy already emerging, how should drones, which have synergy with the metaverse (AR and VR), be utilized in the future? The seminar was held to learn the basics of metaverse, AR, and VR in order to explore the

・What is the metaverse?
・Introduction of business and services in the metaverse field
・What is NFT?
・Experience VR with applications such as horizon work rooms and cluster by Oculus Quest 2

In addition to the above, a reception by graduate students from Tokyo, Nagoya, Osaka, Hiroshima, and Hakata was held to discuss the growing metaverse (AR and VR) as a drone business. Discussions on how to enter the field continued late into the night.

×
新型コロナウイルス感染症の予防を巡り、政府や自治体が繰り返し呼び掛けている三つの「密」(密閉・密集・密接)を避けるため、本セミナーは、密閉されていない場所にて、原則1名(最大3名)の受講者さまに限定して、開講しております。さらに以下の徹底をお願いしております。
過去2週間以内に海外渡航歴がある方は「マンガでわかるドローン」セミナーおよび学校説明会へのご参加をお断りさせて頂きます。
過去2週間以内に37.5度以上の発熱があった方は「マンガでわかるドローン」セミナーおよび学校説明会へのご参加をお断りさせて頂きます。
「マンガでわかるドローン」セミナーおよび学校説明会にご参加の際には「マスクの着用」と「手指の消毒」を必須とさせていただきます。