理事長からのごあいさつ

ドローンを飛行させるときに厳守すべき「改正航空法」が施行された2015年12月10日から20日間が経過し、迎えた2016年にドローン大学校 東京キャンパスが開校しました。当時、国内には約20校のJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)認定校がありました。その殆どが「空撮」を目的としたのドローンスクールでした。しかし、既にある空撮事業を目指す人ばかりを創出すれば修了生同士がライバルとなり、価格競争をはじめ、遂には薄利な魅力のない業界に修了生を送り込むことになると考え、「現在する社会問題をどうすればドローン で解決できるかを考えましょう」と、他のドローン スクールとは真逆の方針を掲げ、「ドローンのビジネススクール」というスローガンを掲げました。以来400名以上の優秀な修了生を創出し、物流オペレーター、高所点検オペレーター、橋梁点検オペレーター、測量オペレーター、農薬散布オペレーター、リモートセンシングオペレーター、アプリケーションインストラクター・・・と多彩なドローンビジネスマン&ウーマンに成長しています。

 

よく「ドローン大学校では空撮や測量の講義はありませんか?」という質問をいただきますが、当校では極めて基本的な内容のご指導に徹しています。何事も基礎がマスターできてなければ、その上に何も積み上げることができません。徹底して基礎を修得しておけば、後に点検・農業・物流・測量・・・と進むべき道が決まった段階で、その道で活躍する先輩修了生をご紹介しますので、先輩修了生のアシスタントとして実務を学ぶべきだと考えています。理想的なドローンの基礎教育を日々探求する我々より、専門分野の業務を日々行う修了生の方が実践的な知識は豊富です。どんな仕事でも学校で学んだだけでプロになった人はいないでしょう。上司・先輩や同業者の仕事を見て学んでプロになったはずです。それはドローンでも同じです。ドローン 大学校にはそんな優秀な修了生で構成する400名の以上のコミュティがあります。

 

私たちと共に、そして400名以上の優秀な修了生と共に、ドローンで社会問題を解決し、明るいドローン 実装社会を築きましょう!

 

ドローン大学校 代表理事 名倉 真悟

ドローン大学校のミッション

ドローン大学校のミッションは”ドローンの安全な運航に必要な知識と技術を修得していただく”ことです。そしてビジョンは”ドローンビジネスの創造とそこで生まれる雇用の創造”です。さらにバリューは”受講生ファースト”です。このミッション・ビジョン・バリューに沿ったご指導をさせていただいています。

 

mission
ドローンの安全な運
航に必要な知識と技
術の修得

vision
ドローンビジネスの
創造とそこで生まれ
る雇用の創造

value

受講生ファースト

JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)
ドローンスクールアワード授賞校

ドローン大学校は、2020年3月時点で223校あるJUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)認定スクールのなかで、“安全に関わる知識と高い操縦技能を持つ人材を多く輩出すること”に貢献したスクールを評価するJUIDAドローンスクールアワード授賞校です

 

その他法人からの認定

米国インテル認定UAVスクール https://www.intel.co.jp

テラドローン株式会社認定ドローンスクール https://www.terra-drone.net

株式会社スカイマティクス認定ドローンスクール https://skymatix.co.jp

法人登記の内容

法人名称 一般社団法人ドローン大学校

代表理事  名倉 真悟

理事    岩田 直樹・名倉 恵子

Eメール   hi@dronecollege.ac

Website   dronecollege.ac

創業日   2016年8月8日

設立日   2016年9月13日

主な事業

ドローンの安全な運航に必要な知識と、高い操縦技能を有する人材の養成を通して、ドローンビジネスの健全な発展に寄与するための事業を行う。

顧問弁護士 大野総合法律事務所

役員および講師のご紹介