博多キャンパス第1期が無事修了

In 博多

博多キャンパスが開校し、最初の入校生をお迎えして開講した第1期が無事に修了しました。博多キャンパス第1期の修了率は75%で、25%の受講生は修了できませんでしたが、引続き修了を目指して奮闘してくれることでしょう。今後、この修了生達が九州のドローンビジネスをリードしてくださることを祈念しています。

 

「シティ情報ふくおか」が博多キャンパス第1期を取材

In 博多

福岡市を中心とした福岡都市圏のタウン情報誌「シティ情報ふくおか」が、博多キャンパス第1期の様子を取材に訪れて下さいました。ちなみに同誌は、開校前にも取材のうえ以下の記事を掲載していただきました。

 


ドローン大学校 博多キャンパス 第1期スタート

In 博多

ドローン大学校の4つ目のキャンパスとして博多キャンパスが開校しました。3名の女性を含む記念すべき第1期生をお迎えし、華やかなスタートとなりました。

 

平成30年度緊急消防援助隊関東ブロック合同訓練のドローン運航を株式会社ドローンラボが担当

In 最新情報

ドローン大学校のグループ企業である株式会社ドローンラボが、緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練におけるドローン運航を担当し、ドローン大学校修了生がパイロットを務めます。この訓練は、大規模災害活動時における緊急消防援助隊の技術及び連携活動能力の向上を目的に、平成8年度から全国を6ブロックに区分して、毎年1回実施されているものです。神奈川県は関東ブロック(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県)に所属しており、平成30年度は神奈川県で関東ブロック合同訓練が実施されます。(協力に同社の社名があります)

 

葉色解析サービス「いろは」認定オペレーター資格取得講座”ドローン リモートセンシング プログラム”第1期 開催

In 最新情報

ドローン大学校が株式会社スカイマティクス社の認定校として”「いろは」認定オペレーター”の民間資格が取得できるカリキュラム”ドローン リモート センシング プログラム”の第1期を静岡県にて開催しました。今回の受講生は、ドローン大学校 修了生・受講生が対象であったが、来年2019年2月以降開催する第2期以降は、同校 修了生・受講生に関わらず、無人航空機による10時間以上の飛行経歴を有する方を対象に広く募る。本講座修了生のなかから、優秀なリモートセンシング パイロットが誕生することでしょう。

 

株式会社スカイマティクス社 HP ▶︎ skymatix.co.jp
ドローン リモート センシング プログラム リンク ▶︎ dronecollege.ac/リモートセンシング/
 

株式会社ドローンラボが世界遺産である「日光山 輪王寺」のドローン空撮を担当

In すべて, 最新情報

一般社団法人ドローン大学校のグループ企業である株式会社ドローンラボが世界遺産である「日光山 輪王寺」の本堂(三仏堂)・大猷院・慈眼堂・常行堂・逍遥園などの昼夜にわたるドローン空撮を担当しました。ドローン大学校を修了したプロパイロット達による三日間に渡るロケでしたが、晴天に恵まれた最高のコンディションでの空撮となりました。撮影した動画は、今後CMやウェブサイトでの公開を予定しています。

 
日光山 輪王寺ウェブサイト▷ rinnoji.or.jp
 

2018年10月度 名古屋キャンパス修了式 開催

In 名古屋

今月もドローン大学校 名古屋キャンパスから多くの修了生が誕生しました。JUIDA 操縦技能証明証、JUIDA 安全運航管理者証明証、ドローン大学校修了証を授与され、今後は名古屋地区を代表するドローンパイロットとしてご活躍されることでしょう。また、修了式後は懇親会も開催しました。

 

ドローン大学校がスカイマティクス社の認定校として”「いろは」認定オペレーター”の民間資格が取得できるカリキュラムを開始

In プレスリリース

従事者の高齢化や人材不足が深刻な農業分野の少人数化で多数の圃場を的確に管理する技術として注目を集めるスマート農業。その一端となる「ドローンによるリモートセンシング」は,作物生育や土壌の実態情報を空間的に計測する手法として注目されている。ドローン大学校がスカイマティクス社の認定校として”「いろは」認定オペレーター”の民間資格が取得できるカリキュラムを開始することで、リモートセンシングをビジネスとするプロパイロットを育成します。

 

drone.jp リンク   dronetimes.jp リンク

 

東京キャンパス10月度修了式開催

In 東京

東京キャンパス2018年10月度修了式を開催しました。今月も多くの優秀な修了生が誕生し賑やかな修了式となりました。同時開催の特別講義では、株式会社スカイマティクス社の伊達卓馬氏に講師をお願いし、農業分野におけるリモートセンシングの現状〜将来展望、および同社が開発した葉色解析サービス「いろは」について講演いただきました。葉色解析サービス「いろは」は、自律飛行型ドローンで撮影した画像から葉の状態を確認、適切な生育管理によって収穫・品質の向上につながる攻めの農業経営に貢献するアプリケーションとして今後の利活用が期待されており、当校でもこのアプリケーションを教材とした「ドローンリモートセンシングプログラム」をスタートしました。

 

入校のお申込みココをクリック

SPECIAL THANKS TO

  • Terra Drone