平成30年度緊急消防援助隊関東ブロック合同訓練のドローン運航を株式会社ドローンラボが担当

ドローン大学校のグループ企業である株式会社ドローンラボが、緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練におけるドローン運航を担当し、ドローン大学校修了生がパイロットを務めます。この訓練は、大規模災害活動時における緊急消防援助隊の技術及び連携活動能力の向上を目的に、平成8年度から全国を6ブロックに区分して、毎年1回実施されているものです。神奈川県は関東ブロック(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県)に所属しており、平成30年度は神奈川県で関東ブロック合同訓練が実施されます。(協力に同社の社名があります)

 

入校のお申込みココをクリック

SPECIAL THANKS TO

  • Terra Drone