プロとしてドローンを運航するための必要な知識と技術が得られる
「技能証明書”UAS OPERATOR CERTIFICATE”取得カリキュラム」

プロポ(送信機)にモニター(スマートフォン等)を装着し、ドローンに搭載されているカメラからの映像を頼りに飛行させることが一般的なドローンの操縦方法ですが、このような飛行をする際や、電線・電信柱・街灯から30m以内の範囲や、住宅街などの人口集中地区などで飛行をする際は、あらかじめ、国土交通大臣や地方航空局長の許可や承認を受ける必要があります。そのためには、国土交通省が定める「無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力確認書(様式3)」に記す飛行経歴・知識・能力を有する必要があります。このカリキュラムを通して必要な飛行経歴・知識・能力を修得していただきます。

そのためには、国土交通省が定める「無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力確認書(様式 3)」に記す飛行経歴・知識・能力を有する必要があります。このカリキュラムを通して必要な飛行経歴・知識・能力を修得していただきます。

「技能証明書”UAS OPERATOR CERTIFICATE”取得カリキュラム」を受講するメリットとは?

一般社団法人ドローン大学校の各キャンパスを修了し、技能証明書”UAS OPERATOR CERTIFICATE”を取得した後、その写し(コピー)を添付して国土交通大臣に許可や承認申請をすることで、プロポ(送信機)にモニター(スマートフォン等)を接続し、ドローンに搭載されているカメラからの映像を頼りに飛行させたり、住宅街などの人口集中地区で飛行したり、夜間に飛行したり、電線・電信柱・街灯から30m以内の範囲で飛行したりすることが可能になります。