リモートセンシング

オープンキャンパス セミナーに参加する

なぜ「ドローン リモートセンシング」なのか?

日本の農業従事者は、高齢化(2015年に平均年齢66.3歳*)などの原因により過去20年間でほぼ半減*しています。それに伴って、2015年には耕作放棄地が40万ha超に増加し、さらには農業従事者が長年培ってきた知見が、新たな農業従事者に伝承されないという問題も起きています。このような背景のもと、センサ技術、情報技術、ロボット技術等を高度に活用して、少人数で多数の圃場を的確に管理する技術として「スマート農業」が期待されてます。スマート農業を促進する上で、圃場ごと、あるいは圃場内の作物生育や土壌の実態に関する空間情報は特に重要です。ドローンによるリモートセンシングは,作物生育や土壌の実態情報を空間的に計測する手法として,スマート農業 / 精密農業における役割は大きく*、葉色解析サービス「いろは」は、そのような問題を解決し、日本の農業を持続可能なものにするためのソリューションなのです。

スカイマティクス 葉色解析サービス「いろは」で何ができるか?

“手のひらに、いつでも葉の色を”をコンセプトに開発された、葉色解析クラウドサービス「いろは」は、葉色画像の診断・管理をインターネットを通じて簡単に行うことができるアプリケーションです。ドローンにより撮影された画像を「いろは」にアップロードすると、圃場内の位置に合わせて自動的に配置、記録され、クラウドサービス上に用意された生育診断機能を利用することで、作物の生育状況や病気や害虫、雑草といった農地の状況などを画像ごとに記録し、きめ細かな生育管理を実現します。

葉色解析サービス「いろは」技能認定証がなぜ必要なのか?

本講習を受講し、修了検定に合格した方は、葉色解析サービス「いろは」を開発・提供する株式会社スカイマティクスと一般社団法人ドローン大学校が認定する”葉色解析サービス「いろは」技能認定証”を取得できます。本証を取得後は、株式会社スカイマティクスより、「いろは」認定オペレーターとして撮影業務を請負おうことも可能になります。

「株式会社スカイマティクス」とはどんな企業なのか?

株式会社スカイマティクス(本社:東京、代表取締役COO 渡邉善太郎)は、あらゆる産業の課題をリモートセンシングで解決したいとの信念の下、三菱商事株式会社と株式会社日立製作所の出資により設立されました。ドローンによるリモートセンシングデータと画像処理解析・AIといった革新的なソフトウェアを融合し、農業や建設分野を始め、あらゆる産業のお客様の問題を解決するためのソリューションを開発・提供している企業です。

それに先駆けて
第1期をドローン大学校 受講生・修了生限定で開催

11月03日(土) 07:00 集合

10:00 いろは講習

12:00 昼食

13:00 圃場撮影実技実習

18:00 夕食

19:00 いろは・くみき講習

22:00 就寝

11月04日(日) 07:00 朝食

08:00 圃場撮影実技実習

12:00 昼食

13:00 修了検定

17:00 デブリーフィング

22:00 解散

入校のお申込みココをクリック

SPECIAL THANKS TO

  • Terra Drone