JUIDAとは?

JUIDAとは?

Japan UAS Industrial Development Associationを略して”JUIDA”と称す”一般社団法人 日本UAS産業振興協議会”は、ドローンの民生分野における積極的な利活用を推進し、ドローン関連の新たな産業・市場の創造を行うとともに、ドローンの健全な発展に寄与することを目的として2014年7月に設立されました。国内外の研究機関、団体、関係企業と広く連携を図り、ドローンに関する最新情報を提供するとともに、さまざまな民生分野に最適なドローンを開発できるような支援を行い、同時にドローンが安全で、社会的に許容されうる利用を実現するために、操縦技術、機体技術、管理体制、運用ルール等の研究も行っている団体です。

JUIDA認定校とは?

JUIDAでは日本で初めてとなるドローンの操縦士および安全運航管理者養成スクールの認定制度を2015年10月にスタートし、ドローン産業の健全な発展のために運航上の安全に関わる知識と、高い操縦技能を有する人材の養成を行いっています。

JUIDA認定校 ドローン大学校を修了すると!

ドローン大学校定める科目を修了した操縦士には「JUIDA 操縦技能証明証」を交付します。さらに、JUIDA操縦技能証明証を取得し飛行業務の経験を有する方を対象として、ドローンの安全運航管理に関する基本知識とリスクアセスメントを習得した修了者には「JUIDA 安全運航管理者証明証」を交付します。

JUIDA 操縦技能証明証とJUIDA安全運航管理者証明証を取得すれば!

航空法第 132 条に定める「飛行禁止空域」における飛行や、同132 条の2に定める「飛行の方法」によらない飛行を行う場合、国土交通省に申請書類を提出して許可を得なければドローンを飛行させることができません。その申請には「無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力確認書」という書類が含まれており、JUIDA 操縦技能証明証とJUIDA 安全運航管理者証明証を取得してあれば、飛行経歴・知識・能力の裏付けとして認定取得済みであることを記載できます。

入校のお申込みココをクリック

SPECIAL THANKS TO